読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

様子見!

こんにちは!ドル円研究室です。

ドル円は93円台半ばで上値を抑えられていますね。

94.5円を上抜けるか、90.85円を下抜けて

上昇相場を終わらせるのか非常に注目の場面となっています。

今日はADP雇用統計やベージュブックと呼ばれる指標があります。

また8日には失業率があるのですが、今回の指標はISMの景況指数を

見る限りではやや上昇するのではないかと考えています。

そうなった場合はドル円は上昇し、

ユーロドルはさらに下げ幅を広げる事になりそうですが、

ユーロ円もやはり下落する可能性が高く、

それに釣られる形でドル円も下落する事があるので注意は必要だと思います。

逆に米経済指標が悪かった場合はドル円は再び90.85円を目指すかもしれません。

最重要指標となっているので、リスクを覚悟している方以外は

エントリーを狙った時間が指標の時間とかぶるのであれば

エントリーをしない方が賢明だと思います。

ハイリスクハイリターンは聞こえはいいですが、

変動幅が大きくなっている今はリスクが高くなりすぎているので

私は様子を見る事にします!